胸のプチ整形

先生

豊胸手術というと、シリコンバックを脇から挿入するというイメージがあるという人も多いのではないでしょうか。これは、従来から広く行われている豊胸手術の方法ですが、傷あとが大きく目立つ可能性があることや挿入したシリコンバックによるトラブル等が起きる可能性があります。また、保険適用外の手術ですので、費用も高額になります。そこで、注目を集めているのが、ヒアルロン酸を使用した豊胸手術です。メスを使用しませんので、傷あとが気になるということはありませんし、短時間で施術は終了します。従来の豊胸手術に対して抵抗感があるという場合や仕事などが忙しく施術に時間をかけることが出来ないという人におすすめの方法ということが出来ます。

ヒアルロン酸をバストに注入する豊胸手術は、ヒアルロン酸を注入する場所やその量により、希望に合ったバストをデザインすることが出来ます。注入する量を加減することにより、自然な見た目となります。左右のバストの大きさに悩みがあるという場合や授乳後のバストのしぼみが気になるという人におすすめです。ヒアルロン酸は、顔のシワを軽減させる効果もありますが、この時に使用されるヒアルロン酸と比べてバストアップを目的として使用されるものは持続性が高いため、個人差はありますが、2年程度効果を継続させることが出来ます。施術は、局所麻酔を使用して行われますので、痛みの心配はありません。また、施術後の痛みに関しても、1週間程度で治まる事が多いようです。